お渡しの流れにつて               

お問合せ前のお願い

 

毎度のことですが家族に同意を得ないままでのお問い合わせの方や、掲載内容お渡しの流れをお読みなってない方からのお問い合わせが増えており、その後のご案内や掲載サイトからの取引が途中で進まず困っておりますので、必ずお問い合わせ前に家族との相談してからでお願いします。

飼う意志がなくただ見学だけしたい方や、ご家族との相談なしでの見学はお断りします。事前にご家族と相談し同意を得てお願いします。

●ペットを飼育できる環境の方

(公共住宅にお住いの方やペット飼育禁止の物件にお住まいの方にはお譲りできまません!)


新型コロナウイルにより見学には少人数制でマスク着用に手消毒をお願いします。

少しでも体調不良や発熱のある方はご遠慮ください。

完全対面販売のため見学は必ず来ていただき見学は完全予約制です。

●ペットショップ・猫カフェ・他のブリーダーさんの宅へのお立寄り後の見学はお断りします。

(ウイルス感染防止のため)

●連絡は確実に取れる方でキャンセルでも必ず連絡はお願いします。

●ショップではないので個人宅のためご近所にご迷惑をかけることや大勢でのお越しはご遠慮ください。また小さいお子さん連れの方は必ず事前にお知らせください。

●見学は完全予約制です。お時間は平日、休日ともに季節に応じて期6月~9月まで10時~17時、冬期10月~5月まで10時~16時の間となります。

●初めて猫を飼われる方は必ずお知らせください

 

 ※ 初めて猫を飼う方はこちらを参考にご覧ください!

          👇👇👇

 

   初めて子猫を迎える方へのご案内

 

 

 

 

 


予約について・発送について/お支払について

●予約に場合は内金を入れた時点で予約となります。

●予約金は3万円です。金額はこちらでご案内します)

●振込の場合3日経過しても確認できない場合はご連絡しますが、連絡がつかない場合には契約は破棄とさせていただきます。

飼い主様の都合で予約のキャンセルは返金致しませんのでご承知の上でお願いします。

●こちらで猫のお渡しが不可能になった場合は予約金は全額返金致します。

●空輸、陸送、お届けなどの発送は行っておりませんのでお迎えでの手渡しのみです。

●支払いは振込か現金のみとなります。(分割払い・カード払いは行っておりません)

 

お渡しについて

●子猫のお渡しは1回目ワクチン接種後または2回目のワクチン接種後に獣医師の診察を受け子猫の状態を見てお渡しとなります。

※生後90日以降ぐらいのお渡しとなります。子猫の個体差に応じての引渡し時期にもなります。

※今後の動物愛護法改正についてお渡し時期も変わることがあります。

●子猫の個体差によってはお渡しが遅くなる場合もあります。

(※飼い主さんの希望で早期のお渡しはできません!)

●ワクチンは1回につき別途¥6,000です。

●お渡し前には無料で簡単な健康診断、便検査等は行っており駆虫薬も投与してます。

契約書類には押印していただくので印鑑をご準備ください。

●お迎え用のキャリーケースは事前にご用意してください。

●こちらで契約しているフードのメーカーの子猫用の新しいものをお渡ししております。

●譲渡条件としまた病気を防ぐためにも6ヶ月までには去勢、避妊手術をお願いします。(転売・繁殖は禁止)

●血統書は去勢避妊後に証明書(確認できるもの)を、ご提示の上で確認後に発送いたしますが連絡のない方には血統書はお渡ししておりません。(お渡し後に去勢避妊をせず繁殖した場合は契約違反のため血統書はいっさいは渡しません!)

※(去勢避妊後の動物病院での明細のコピーを送っていただくか、メールなどに明細書の画像添付をしていただくことで結構です)

 

 

 

マイクロチップについて(義務化決定後に開始予定)

2019年法改正によりマイクロチップが義務化になりました。開始日はまだ決まっておりませんマイクロチップの費用は¥8,000とさせていただきます。

こちらでマイクロチップ装着してのお渡しですが費用は飼い主様負担となりますので、ワクチン同様に生体価格とは別にかかります。

●ネコハウス アミーではマイクロチップ義務化になり次第開始いたしますが、マイクロチップをご希望の方は申出ください。

●マイクロチップの費用は別途¥8,000です。(ワクチンは1回につき別途¥6,000です)

●猫ちゃんのお渡し時にマイクロチップのナンバーをバーコードリーダーにて、飼い主様と確認し説明いたします。

●登録は猫ちゃんをお渡し後こちらで登録いたします。(登録には1ヶ月以上かかることもあります)

●登録後に日本獣医師会より登録完了のハガキが届くので大切に保管してください。

(※猫の飼い主様が変わる場合にハガキは必要になるのでなくさないでください)

●登録後には書類とバーコードシールは郵送させていただきます。

●バーコードナンバーのシールや日本獣医師会のハガキを紛失して場合は、こちらでは再発行はできませんので自己責任でお願いします。

●バーコードナンバーについてはかかりつけの動物病院または、最寄りの動物病院にて確認はできますので番号は保管してください。

 

 


お問い合せについて

ネコハウス アミー

キャッテリー専用電話 049-298-3710(キャッテリー専用・非通知不可) 

ショップではありません!AM:9:30~PM:18:00(遅くてもPM:20:00まで)

・掲載している子猫以外でのお問い合わせはご遠慮ください!

勧誘・宗教団体・物販宣伝・金融関係・ネット関係などのお電話が多いので固くお断りいたします!

・お問い合わせの際には必ずお名前、住所、電話番号をお知らせください。

お返事はしておりますので携帯・フリーメール・Gメールからの方は迷惑メールに入っていることが多いので確認していただき拒否の解除をお願いします。

 

 


基本的な保証内容について

・こちらで医療保険を1ヶ月付けておりますので医療保険の保証範囲内となります。

・保証期間は子猫を契約とした保険内容でご説明しておりますので、保険の期間を過ぎたものは対象外となりますのでご承知の上でお願いします。

譲渡後は飼い主様で必ず保険の書類は必ずお読みになることをお願いします。

(保険についての詳細は、お渡し時に説明いたします)

・保証期間後は飼い主様のご意思で継続契約できますので期間後は継続更新は自由ですが、期間後の怪我、病気等に関しましての保証はありまあせんので、今後の安心のために継続をされることをお勧めいたします。

(詳細はお渡し時の説明や書類に記載しておりますので必ず確認ください)

※掲載専用サイトからの場合は保証内容(価格は掲載サイトの価格とことなります)が異なりますのでその際は必ず掲載内容か、こちらよりお問い合わせ後のお返事でご案内しますのでご確認ください!

 

格安または里親価格でのお譲りについて

・格安または里親価格でのご提供の場合は生体保証はなしでのお譲りとなります。

販売には説明はもちろんですが条件がございますので、必ず条件や説明をご理解し納得されてた上での契約となります。不安な方はペット保険の代理店もしておりますのでペット保険の加入をお勧めいたします。

今後はマイクロチップも含むため別途¥8,000のご負担となります。

 

生命保証について(死亡した場合)

保証期間は子猫を譲渡した日から、7日間(1週間)の間で子猫に先天性障害、疾患、これらで死亡した場合のみ子猫の生体価格(諸費用などは含みません)のみ返金させていただきます

・生命保証期間は7日間の生命保証となります。

・診察を受け獣医師署名の死亡診断書を必ずご提示ください。

・保証期間内を過ぎての保証は対象外となります。

・獣医師の診断書の無いものは保証の対象はできません。

・治療費・診断書等の書類の費用は飼い主様のご負担となります。

 ※お渡しする書類を必ずお読みいただきご承知の上でお願いします。

 

生命保証対象外一例 

・上記にある先天障害、疾患など以外や、生体保証期間を過ぎた場合

・飼主様の故意、過失などで怪我や死亡の場合

・お付けしている医療保険適応外によるもの

・事故・天災などで怪我や死亡の場合

・完全室内飼いをせずにワクチン接種を受けなかった場合

・獣医師の診察・治療を受けなかった場合

・飼い主様以外からの保証請求に、第三者の原因としての病気または死亡の場合

・保証請求に際して虚偽の申告があった場合

・先住動物からの伝染性の病気や死亡の場合や、先住動物に対しての保証や慰謝料請求など

・国外への持ち出し逃走、盗難を原因としての場合

・幼猫時に判断しにくい先天性の障害や成長過程での変化また判断しにくい事項など

(股関節形成不全(骨による形成不全等)、陰睾丸、アレルギー、ヘルニア、噛み合せズレ、顏の一部歪みなど)

・FIP(猫伝染性腹膜炎)、ウイルス性鼻気管炎、真菌などの皮膚病など譲渡後に発生した場合

(※FIP(猫伝染性腹膜炎)については対象外ですが保険適応内の医療治療費のみとなります)

・譲渡後に猫が原因とする感染源やアレルギーなどでご家族に出た場合

・PKD検査の遺伝子検査は行っておりクリアですが検査をしても万全や絶対などの保証はありません。

(譲渡前には必ず事前に獣医師の検診を受けてますが、目に見えないウイルス・菌などは保証の対象外とします。これらを含めてご承知の上でお願いします。

 

※ネコハウス アミーでは繁殖の親猫については、アメリカ、国内の検査機関にて全て遺伝子検査を済ませており、検査結果には問題はありませんが親猫がノーマル(問題)なくても生き物相手ですので医学的面でも絶対の断言はできません!(獣医師相談結果です)

 

※PKD検査は(Veterinary Genetics Laboratory・アメリカ・カルフォルニア)や国内の遺伝検査機関のラボにてPKD(多発性嚢胞・Polycystic Kidney Disease)検査を全ての親猫にしておりますが、検査結果では(Normal)でクリアです。